読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IIS8でオレオレ証明書を利用する

Linuxではサーバ証明書の作成、設定等よくやっていたのですが、
IISではあんまりやったことなかったなぁ、と。

最近のIISではこんなに簡単にオレオレ証明書が登録できるんですね。

環境

手順

f:id:takyafumin:20150522171230p:plain

  • 画面右メニュー「操作」の「自己署名入り証明書の作成」をクリックします。

f:id:takyafumin:20150522171232p:plain

  • 証明書情報を入力し、「OK」ボタンをクリックします。
    • フレンドリ名: 証明書の名前(任意で付ける。ex. sample-ssl-20150101)
    • 証明書ストア: 個人

f:id:takyafumin:20150522171233p:plain

  • 作成した証明書情報が表示されていることを確認します。

f:id:takyafumin:20150522171235p:plain

  • サーバ証明書を適用するサイトを右クリックし、「バインドの編集」をクリックします。
    • ここではデフォルトサイトへ証明書を適用します。

f:id:takyafumin:20150522171236p:plain

  • サイトバインドウィンドウで「追加」ボタンをクリックします。

f:id:takyafumin:20150522171238p:plain

  • サイトバインドの追加ウィンドウでバインドする情報を入力し、「OK」ボタンをクリックします。
    • 種類: https
    • IP アドレス: 未使用のIPアドレス全て
    • ポート: 443
    • ホスト名: サーバとして公開するホスト名(ex. www.hoge.com)
    • サーバー名表示を要求する: 未チェック
    • SSL証明書: 先ほど作成した証明書のフレンドリ名を指定

f:id:takyafumin:20150522171239p:plain

  • サイトバインドウィンドウにて、追加された情報を確認する。

f:id:takyafumin:20150522171241p:plain

  • 動作確認として、ブラウザからサイトにアクセスします。 https接続して、証明書情報を確認しましょう。

OK?


ひと目でわかる Windows Server 2012 R2 (TechNet ITプロシリーズ)

新品価格
¥2,808から
(2015/5/22 17:24時点)